2021年01月01日

謹賀新年 2021.1.1

 「若者に魅力ある業界へ」
新年あけましておめでとうございます。
皆様方におかれましては、健やかに新春をお迎えの事とお慶び申し上げます。
また旧年中は、当協会の活動に対しまして格別のご指導、ご鞭撻を賜りました事、心より厚く御礼申し上げます。
昨今、異常気象による豪雨災害や一昨年千葉で猛威を振るったような台風、また大被害が心配される首都直下型地震等の天災が危惧されています。災害はいつ起こるか解かりませんが備えることは出来ます。災害に強い県土を目指すためには、地質調査業務の重要性を再認識し、また当協会員共々その責任を全うするため日々技術者の育成及び新しい技術の認識度を高め精進する次第であります。
毎年行われる地質調査の勉強会においてはたくさんの応募がありましたが、コロナ禍のため120人の定員の半数で行われましたが応募が定員以上あったこと大変喜ばしく思っております。地質調査を理解しようと努める若い方々の参加の多かった事が今後の県土発展に役立つことと期待いたしました。今後も勉強会などを通じて地質調査業務の認識を広めていくことに協会活動として協会員共々お力になればと思います。
一昨年の千葉県で起きた大災害の傷跡もまだ残り、一宮川の改修に伴う地質調査を数多く手がけてまいりました。また、千葉県内でもインフラの老朽化に伴い再構築を計画していく中において、地質調査業務の重要性・必要性を十分理解されるようになりました。しかしながら、地質調査業務も現場作業員並びに技術スタッフの高齢化に伴い人員確保が急務になっております。新しい人材の育成並びに地質調査業の今後の発展を考える中で、賃金、休暇その他人の働きやすい環境への改善が課題となっております。このことは、建設業界全体にも言えることだと思いますが、私たち地質調査業協会も若者に魅力ある業界にしていくために「千産千消」を掲げる千葉県の発展を願う県内に本社を置く団体「一般社団法人千葉県地質調査業協会」の会員をご活用頂くことにより、当協会の経営基盤の強化・安定から若い力の人材育成確保に繋がり、敷いては地質調査業の維持、発展そして県土整備への貢献に繋がることを信じております。
最後に、皆様方には、今後ともより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますとともに、益々のご健勝とご活躍をご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。
 
 一般社団法人千葉県地質調査業協会
 会長 田野 秀夫

2013-12-16028

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 00:30ァ,知らせ 

2020年10月12日

千葉県建設技術センター地質調査研修報告

令和2年度
公益財団法人千葉県建設技術センター 地質調査研修報告

 先の令和2年9月15日、(公財)千葉県建設技術センター主催の地質調査研修会が開催されました。本研修会は千葉県及び市町村等の若手技術職員を対象とした恒例の技術研修会です。毎回120名の参加者がある人気講座です。
 一般社団法人千葉県地質調査業協会が講師を派遣しています。

 本年度はコロナウィルスの感染拡大による「三密」を避けるため受講者を会場定員の半分とし、マスク着用、検温、手指の消毒、座席間隔の確保、会場の換気を実施しました。

 まず、千葉県建設技術センター企画指導課鈴鹿班長の司会で始まり、一般社団法人千葉県地質調査業協会田野会長のごあいさつがありました。

DSCF7062

司会の鈴鹿班長


DSCF7065

あいさつの田野会長


DSCF7061

三密を避けた講習風景


 その後講習に入りましたが、講座内容は次の通りです。
 
1.千葉県の地形・地質(チバニアンの紹介も)
2.机上からの地形・地質の推定と活用
       以上、盒驚甘。

DSCF7074

盒狭峪


3.地質調査の基礎
4.土質定数の求め方とその利用
       以上、吉原担当。
 
DSCF7070

吉原講師

5.モデル調査事例による調査の計画(計画から調査数量計上まで)
                  盒驚甘。



6.地質調査業務の一般的な構成
     種村担当

DSCF7078

種村講師



   朝から夕方まで、熱心に聴講される若い方々の姿が印象的でした。
また、コロナ禍の中 118名以上の参加希望者がありましたことは地質調査の技術への関心が高いことを示しており、協会としてはうれしいことであります。


最後に、一般社団法人千葉県地質調査業協会として、こうした講師派遣の機会をいただきました公益財団法人千葉県建設技術センターの神作理事長をはじめ関係各位にあつく御礼を申し上げます。

2020/09/15(火)
 一般社団法人
  千葉県地質調査業協会技術委員会(技術委員長・盒供

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 09:28ぁヽ萋 

2020年02月28日

組織

 千葉県地質調査業協会の令和二年度組織は次の通りです。

【総会】 会員総数 22社

 ・ 会長    田野 秀夫((株)技研基礎)

 ・ 副会長  太田 和雄(正和技術(株))

 ・ 副会長   番場弘和(千葉エンジニアリング(株)) 
 ・ 理事総務委員長  中村 泰男(伸光エンジニアリング(株))
 ・ 理事技術委員長  高橋高志(協和地下開発(株))
 ・ 理事広報委員長  鈴木学((株)地下調査工業)
 ・ 監事    中川 昌人((株)環境技研コンサルタント)

 ・ 相談役  多田 勝則(千葉土質調査(株))

 ・ 顧問   酒井 茂英(千葉県議会議員)

 

 

 【事務局】

 ・ 住所  〒264-0032 千葉市中央区末広5丁目8番6号

 ・ 電話 ; 0120-131-912   FAX ; 043-256-1534


 ・ E-mail  chiba_tisitu@ybb.ne.jp

石垣・北の丸



chisitsu at 09:52 組織・事務局・会社案内 

第10回通常総会報告

 先の令和二年2月27日(木)、一般社団法人千葉県地質調査業協会の通常総会が開催されました。
 
 総会に先立ち、協会活動の中で長年功労のあった株式会社日本綜合技研代表取締役上原秀夫氏が多田会長より記念品贈呈を含め、表彰されました。

2020.2.27011



 総会は会員22社、全員の参加を持って第一号議案から第五議案まで、満場一致で承認議決されました。

2020.2.27021



 
 なお、第五号議案は役員改選の議案で、次のように新役員が決定しました。
 
 会長                  田野秀夫(株式会社 技研基礎)
 副会長                太田和雄(正和技術株式会社)
 副会長                番場弘和(千葉エンジニアリング株式会社)
 理事・総務委員長      中村泰男(伸光エンジニアリング株式会社)
 理事・技術委員長      高橋高志(協和地下開発株式会社)
 理事・広報委員長      鈴木学(株式会社 地下調査工業)
 監事                  中川昌人(株式会社 環境技研コンサルタント)
 相談役(前会長)      多田勝則(千葉土質調査株式会社)
 顧問                  酒井茂英(千葉県議会議員)
 
 新旧会長は次の通り(左側が田野新会長、右側が多田前会長)。

2020.2.27001


 
 熱田相談役と中村技術委員長が退任しました。
 
 なお、地球規模で感染が拡大している新型コロナウィルスのため、恒例の懇親会は中止となり、田野新会長の挨拶で総会終了となりました。

2020.2.27028

 田野新会長

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 


chisitsu at 09:17ぁヽ萋 

2020年01月01日

令和2年 会長元旦挨拶

 2020年 新春のごあいさつ

20120508_0734_Web


 新年明けましておめでとうございます。
 皆様方におかれましては、健やかに新春をお迎えの事とお慶び
申し上げます。
 また旧年中は、当協会の活動に対しまして格別のご指導、ご鞭撻を賜りました事、心より厚く御礼申し上げます。
 当協会は昭和52年に設立され、平成23年1月に一般社団法人となりました。
 この間、関係各機関にも地質調査業務の重要性・必要性も充分理解されるようになりました。
そして当協会も認知、信用されるようになり着実に発展させて頂く事が出来ました。関係各機関には深く感謝申し上げます。
  さて、昨年は千葉県では台風15号、19号、そして10月25日の集中豪雨により、大変な被害に見舞われました。
 被災された地域の皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 そうした中で、私達協会にも県土整備部出先機関より災害支援要請が約90件という大変な数の要請がございました。協会として、要請が来たものに対しては全てに対応し、迅速に対応出来た事と自負しております。
 千葉県との災害協定締結以後、毎年災害支援要請が数件あります。こういった豪雨災害が多発し、もう異常気象と言ってはおられません。命をしっかりと守れる災害に強い強靱な国家、強い社会資本の構築が急がれているところだと思います。
 2020年は東京オリンピックイヤーで、日本経済も活気付く事でしょう。オリンピック後も引き続き力強い経済を維持される事を、望むところであります。
 しかしながら、私達地質調査業協会も、技術・技能者の育成確保と賃金、休暇など人材確保と労働環境の改善と言ったことが課題となっております。これは、建設業界全体の課題でもあるかと思います。
 私達地質調査業協会も、魅力ある業界にしていく観点からも、「千産千消」を推進されています千葉県におかれましては、災害に強い県土の整備・県土の均衡ある発展を願う県内に本社を置く団体「一般社団法人 千葉県地質調査業協会」の会員をご活用頂くことにより、私達協会員の雇用の維持・拡大そして経営基盤が強化・安定され発展に繋がるものと信じております。
 最後に、皆様方には、今後ともより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますとともに、益々のご健勝・ご活躍をご祈念申し上げ、新年のご挨拶と致します。
 令和2年1月元旦
       一般社団法人 千葉県地質調査業協会       会長  多田 勝則

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 00:00ァ,知らせ 

2019年12月25日

令和元年度 専門研修(道路法面点検)報告

令和元年度 専門研修(道路法面点検)報告

先の令和元年12月10日(火)、標記の技術研修会が開催されました。千葉県県土整備部技術管理課が主催する恒例の研修会です。令和元年は台風15号、台風19号、10/25の千葉県集中豪雨などの災害が多発し、官庁は災害査定対応で繁忙を極める状況であります。
このため、参加エントリーは少なく、8名のうち6名の参加でありました。
講師は一般社団法人千葉県地質調査業協会から派遣し、午前中は君津土木事務所で室内講義です。

2019.12.10008

講習内容は以下の通りです。
 講師は一般社団法人千葉県地質調査業協会技術副委員長の高橋高志氏でした。

1.一般社団法人千葉県地質調査業協会の紹介
2.道路防災点検
3.点検の概要
4.被災の例
5.防災カルテの例
6.のり面・斜面の新しい調査方法・器具
* 現地研修について
 豊富な写真を使用して、具体的なわかりやすい講習でありました。

お昼を挟み、午後からは一般県道上畑湊線富津市山中地先の法面を対象に現地研修を行いました。

itizu


2019.12.10039


 一般県道182号上畑湊線は地元で「紅葉ロード」と呼ばれているそうで、現地は紅葉の季節のため行楽の車が多い状況でした。
 現地では、のり面吹き付けコンクリートの観察や打音検査などの実地研修を行いました。

2019.12.10043

 現地研修風景

2019.12.10020


2019.12.10023


小段の高さ8m、上の写真のように基盤なりの被覆は随分古いのり面であることが分かります。

2019.12.10050


最後に現地研修の総括と質疑応答があって現地解散となりました。参加者はバスで君津土木事務所に戻り、解散です。
以上、度重なる台風や大雨への対応業務と重なってしまい、受講者
が少ない中での開催となりましたが、中身の濃い研修会でありました。

2019/12/10(火) 一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 11:25ぁヽ萋 

2019年08月19日

令和元年度 千葉県県土整備部意見交換会報告

 令和元年度 千葉県県土整備部意見交換会報告

 令和元年7月29日、令和元年度の千葉県県土整備部幹部と一般社団法人千葉県地質調査業協会の意見交換会が開催されました。
 この意見交換会は毎年開催されている恒例の意見交換会です。

2019.7.29016
意見交換風景


 まず会議に先立ち一般社団法人千葉県地質調査業協会の多田会長、及び酒井顧問のあいさつがあり、その後県土整備部を代表して建設・不動産業課鈴木課長があいさつされました。

2019.7.29019
多田会長


2019.7.29023
酒井顧問


2019.7.29030
鈴木課長


 次ぎに、協会の活動報告、県土整備部の令和元年度事業概要や予算などの説明があり、意見交換へ入りました。
 
 意見交換は一般社団法人千葉県地質調査業協会からの質問に対して県土整備部が回答する形で進行し、忌憚のない意見交換が行われました。
 
 意見交換風景は下記の通りです。

2019.7.29036
北岡技術管理課長


2019.7.29049
根本千葉土木事務所長



2019.7.29047
                                                             米良長生土木事務所長


 千葉県県土整備部出席者は次の通りです。

 技術管理課北岡課長、同加藤副課長、県土整備政策課大塚副課長、建設・不動産業課鈴木課長、同森川副課長、千葉土木事務所根本所長、葛南土木事務所宮下所長、東葛飾土木事務所今次長、柏土木事務所荒木所長、印旛土木事務所町田所長、成田土木事務所角田所長、香取土木事務所田中所長、長生土木事務所米良所長、夷隅土木事務所大野所長、安房土木事務所高山所長、君津土木事務所山本所長、市原土木事務所秋元所長、千葉港湾事務所水垣所長、葛南港湾事務所堀越所長、木更津港湾事務所大村所長、北千葉道路建設事務所西山所長、流山区画整理事務所岩岡所長、柏区画整理事務所板倉所長、木更津区画整理事務所竹村所長、印旛沼下水道事務所本澤所長、手賀沼下水道事務所渡邉所長、江戸川下水道事務所横土所長
 
 業務ご多忙の中ご協力いただきました県土整備部幹部の方々及び事務局ご担当様に厚く御礼を申し上げます。
 
 2019/7/29(月) 一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 10:16ぁヽ萋 

2019年06月24日

令和元年度研修旅行報告

先の令和元年6月14日(金)〜6月15日(土)の二日間にわたり一般社団法人千葉県地質調査業協会の研修旅行が行われました。この研修旅行は技術研修と親睦兼ね、毎年実施している恒例の行事です。

 今回の見学対象は「首都圏外郭放水路」及び「八ッ場ダム」の見学がメインでした。
 
 
 まず1日目、午前中は首都圏外郭放水路の見学です。
 庄和排水機場の外観と構造モデルは次の通りです。

IMGP7969


IMGP7933



IMGP7934



IMGP7935



IMGP7949



DSC_0009


 
 さて、地下空間へ移動します。
 まずは有名な調圧水槽です。ドラマや映画などのロケ地として利用されることが多いようです。

IMGP7958



IMGP7959



 そして、第一立て坑を上から覗きますと・・・、
 規模の大きさ(深さ70m、内径30m)に圧倒されます。

DSC_0008



IMGP7961



 
 1日目午後は小江戸川越の喜多院に立ち寄っています。
 宿泊は四万温泉。
 
 
 
 二日目の見学メインは八ッ場ダムです。協会としては二回目ですが、いずれも雨模様、雨男がいるのかもしれません。
 八ッ場ダムはほぼ完成形となり、2020(令和二)年度に完成予定です。
 ダムサイトの風景は次の通りです。

IMGP7984



IMGP7992



DSC_0058


IMGP7986



IMGP7994



IMGP7997


 なお、参加者は17社、25名でありました。

          <千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 12:52ぁヽ萋 

2019年03月07日

一般社団法人千葉県地質調査業協会 定時総会報告

一般社団法人千葉県地質調査業協会 定時総会報告

2019.2.27017


先の平成31年2月27日(水)、一般社団法人千葉県地質調査業協会の定時総会(一般9回、通算42回)が開催されました。会員23社出席の下、中村泰男総務委員長の司会により進行しました。
まず、太田和雄副会長の開会宣言のあと、多田勝則会長のあいさつがありました。

2019.2.270182
   多田会長

なお、今回の総会は次の5項目について審議しました。
1号議案 平成30年度活動報告
2号議案 平成30年度決算報告及び監査報告
3号議案 平成31年度活動計画
4号議案 平成31年度予算(案)

いずれの議案も慎重審議の結果満場一致で採択されました。

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 10:29ぁヽ萋 

2019年02月04日

平成30年度 専門研修(道路法面点検)報告

 平成30年度 専門研修(道路法面点検)報告

 先の平成31年1月25日(金)、午後から夕方まで開催されました。本研修は県技術管理課が毎年主催する技術研修で、座学と現場研修を同時に一日で行うものです。本年度の研修現場は県長生土木事務所管内の長生郡長南町小生田地先(一般県道茂原大多喜線)という比較的近い場所にあることから、午後からの開催となりました。
 なお、専門研修の目的は「昨今の道路構造物の老朽化や自然災害の発生状況を踏まえ、道路法面の点検方法や判断基準のポイントを実際の法面を例に学ぶことにより、技術職員として必要な基礎的知識を習得する。」というものです。

研修の内容と工程は次の通りでありました。

2019.1.25004
研修風景

1.千葉県の法面等維持管理計画について
 県道路環境課企画班 副主幹 川村欣史 氏

 千葉県の道路法面施設の維持管理計画について詳細な解説がありました。千葉県内の状況としては平成28年度時点で要対策箇所が相当数あり、また対策実施の優先順位について重要度の判定、安定度の判定、優先度判定、そして、総合的に評価結果の判定を行うとしています。
なお、全国統計では点検対象外箇所と対策不要箇所での災害発生件数が全体の6割を超えているということで、「日常点検(巡視)が全て!!」と強調されていたのが印象的でした。

2019.1.25005
県道路環境課企画班 副主幹 川村欣史 氏


2.点検時のポイントと留意点について
 一般社団法人千葉県地質調査業協会 技術副委員長 高橋高志氏(協和地下開発)

 道路防災点検の概要から具体的な調査方法、地質地形の見方など多岐にわたる講義内容でありました。今回の点検現場の説明を加え、現地での実習につなげるというものでした。

2019.1.25025
研修風景


2019.1.25017
技術副委員長 高橋高志氏


約二時間の座学を終え、技術管理課が用意したバスにて現地に向かいました。

2019.1.25028
研修風景


2019.1.25031
研修風景

2019.1.25039
研修風景

今回の研修参加者は11名、毎年開催しておりますので少ないですが、中身の濃い現場研修でありました。県技術管理課長様始め、関係各位様に御礼を申し上げます。また、こうした研修会へ講師派遣をさせていただきましたことに一般社団法人千葉県地質調査業協会として、改めまして感謝を申し上げる次第です。
平成31年1月25日(金)一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 









chisitsu at 09:16ぁヽ萋 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ