2015年01月22日

施設の老朽化

 
 コンクリートも鉄も腐食して老朽化します。
 施設の維持補修が重要な時代となってきました。
 
 早めの対応こそが大切です。手遅れにならないようにしたいものであります。

2015-01-21015


 →関連記事

    <千葉県地質調査業協会 トップへ>   


chisitsu at 11:40Αゝ蚕兢霾 

2015年01月01日

平成27年 新春のごあいさつ

 新年明けましておめでとうございます。

 旧年中は、当協会の活動に対しまして格別のご指導、ご鞭撻を賜りました事、心より御礼申し上げます。

  さて、昨年もまた広島市の8月19日からの豪雨による土砂災害、9月27日には長野県の御嶽山の噴火災害、11月25日には長野県北東部地震による災害、又同日には阿蘇山の噴火発生等々、大きな災害が起こりました。災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご親族の皆様に謹んでお悔やみを申し上げます。又、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 
 私達千葉県においても、大雨により多くの箇所で法面崩壊、護岸崩壊と言った災害が発生致しました。幸い人災に至ってはおりませんが、こういった豪雨災害が 多発しもう異常気象と言ってはおられません。今こそ、命をしっかりと守れる災害に強い強靱な国家、強い社会の構築がソフトとハードの両面から急がれているところだと思います。
 
 ところで、日本経済は長期にわたって停滞し、建設関連業界も建設不況の中で苦しみ続けてきました。最近では、「震災復興」、「アベノミクス効果」そして「2020年の東京オリンピック開催」を受けて、経済も気持ち明るくなってきているように思われます。しかし、実感として湧いてはこず、社会同様に業界としても格差が生じてきているのが実態です。
 
 安心・安全な社会の構築を進めて行く上でも、実態としての経済の力強さを取り戻し、国の財政基盤が改善される事を望むところです。
 私ども地質調査業業界におきましても、長年にわたって、公共事業が基調として減少し続けてきたことから、各企業が厳しい状況下にあることに変わりが無く、いまだ技術者の高齢化、若手の人材不足そして確保・育成と言ったことが課題となっております。これは、建設業界全体の課題でもあるかと思います。
 
 魅力ある業界にしていく観点からも、「地産千消」を推進されています千葉県におかれましては、災害に強い県土の整備・県土の均衡ある発展を願う県内に本社を置く団体「一般社団法人 千葉県地質調査業協会」の会員をご活用頂くことにより、私達協会員の雇用の維持・拡大そして発展に繋がるものと信じております。
 
 最後に、皆様方には、今後ともより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますとともに、益々のご発展とご健勝をお祈り申し上げ、新年のご挨拶と致します。

   一般社団法人千葉県地質調査業協会 会長  多田 勝則 

28 071

 <千葉県地質調査業協会 トップへ> 


chisitsu at 00:05ァ,知らせ 

2014年12月24日

東総工業高校への出前講座

 東総工業高校への出前講座
 
 平成26年11月26日(水)、千葉県立東総工業高校において「平成26年度 地質調査体験講習会」が開催されました。一般社団法人千葉県地質調査業協会が全面的に協力して講義と現場体験を行う恒例の勉強会です。
 
 しかし、当日は激しい天候のため現場体験が不可能となり、講義だけの午前中で終了することとなりました。
 講習には土木コース17名、建築コース20名の二年生が参加し、熱心に聴講していました。また、本校は充実した設備があり、学習には最高の環境となっています。

2014-11-26004



 講習に先立って開講式があり、校長先生のごあいさつ、さらには一般社団法人千葉県地質調査業協会の多田会長のあいさつがありました。

2014-11-26007




 講習の内容は次の通りです。

【1】地質調査の基礎                     熱田講師
【2】地質調査の実際(DVD視聴)      熱田講師
【3】地震と活断層                        中村講師

arakura

【4】東日本大震災における千葉県の災害  中村講師
【5】地質に係わるトラブルと災害について是非とも知っておきたいこと 熱田講師


 最後に、校長先生、多田会長のあいさつの後、生徒代表によるお礼の言葉があり、閉講となりました。

2014-11-26010


 なお、こういう機会をいただき協会として関係各位様に御礼を申し上げます。
            一般社団法人千葉県地質調査業協会(多田)

   <千葉県地質調査業協会 トップへ>



chisitsu at 09:50ぁヽ萋 

2014年12月12日

26年度 葉建中部ブロック技術研修会報告

平成26年度 千葉県技術管理課・千葉県建設技術協会合同
中部ブロック研修会報告


 先の平成26年11月18日(火)に千葉県技術管理課・建設技術協会中部ブロック共催の技術研修会(講習と現場見学)が開催されました。本研修会は毎年実施されている恒例の研修会であり、テーマを決めて行われています。
 
 本年は「地質調査結果の設計への反映と課題」と題して赤目川A調節池の計画・調査・設計・工事に関する地質調査の実際と手法について解説し、本現場の特徴や計画・調査の流れと課題を勉強し、その結果を受けて施工中の現場を見学するという趣旨でありました。講習は一般社団法人千葉県地質調査業協会・技術委員会が担当し、熱田、中村が講師を務めています。

 まず、長生土木事務所調整課・中山氏の司会に始まりました。講習に先立ち長生土木事務所井守次長の挨拶があり、今回の勉強会の目的や意義、また技術伝承に関する意味などのお話がありました。

2014-11-18011


2014-11-18007
        井守長生土木事務所技術次長



 講習内容は次の通りです。

【機杆獣呂涼老礎麓
 1) 九十九里平野の地形地質
 2) 海食崖と海食台
 3) 埋没谷について
 4) 現地の地形地質の特徴
 
【供枳榲別の地質調査方法
 1) 調査対象と必要な地盤情報
 2) 調査項目と調査方法
 3) 主な地質調査方法と検討項目の関係
 4) 土質試験の種類と利用法
 
【掘杠2鷏弉茲砲ける検討課題
 1) 災害状況写真
 2) 設計条件と課題(堀込式調節池の採用)
 3) 沖積層と周辺住宅・鉄道の課題
 4) 止水性の評価と浸透流解析結果について
 
【検曖祖汗庵喘麓祖敢困瞭団
 1) 今回の地質調査目的と精度の流れ
 2) 地層断面の詳細確定について
 3) 笠森層の透水性徹底調査
 4) 今回調査の評価
 
【后枋品筺仝従貽水試験について(A調整池重要ポイント)
      透水試験方法と透水係数について

2014-11-18015

【機曄繊抬検曄|翅次〕済察糞蚕兒痢法  抬后 熱田 和敏(総合・技術士)


 研修の後、大型バス移動・車内での解説・・・その後施工中の現場を見学しました。

2014-11-18024



2014-11-18025




6021
       エコクレイウオ―ル工法のマシーン


6015
            プラント


6024
          改良先端部



2014-11-18035
          長生土木事務所調整課中山氏



実際に遮水壁工施工中であり、迫力のあるものでした。

2014-11-18033




2014-11-18028
          地盤改良工(透水係数 1×E-7cm/s)



 今回、こういう機会をいただきました技術管理課及び長生土木事務所井守次長、畠山調整課長ほか、関係者各位に感謝を申し上げます。

      2014/11/28(火)
         一般社団法人 千葉県地質調査業協会(中村)


  <千葉県地質調査業協会 トップへ>



chisitsu at 13:31ぁヽ萋 

2014年11月13日

国道357号湾岸千葉地区改良工事

千葉市役所前の国道改良工事、地下立体区間です。

2014-10-18039

 
 詳細はこちらにあります

 <千葉県地質調査業協会 トップへ>


chisitsu at 13:37ァ,知らせ 

2014年10月23日

平成26年度 技術力向上(設計積算)特別研修(千葉県)報告

平成26年度 技術力向上(設計積算)特別研修(千葉県)報告

 先の平成26年10月6日、7日の二日間にわたり表記の研修会が千葉県庁中庁舎10階の大会議室で開催されました。
 本研修は千葉県県土整備部技術管理課が主催して毎年開催されているものです。

 研修目的は『 本工事や仮設工の設計・積算・照査に関する技術的な知識や施工計画・現場管理における留意点を習得する。事業を進める上で必要になる地質調査や計画設計、積算、工事実施中の現場管理等に関する基礎知識や留意点を習得する。』というものです。

 対象職員は若手の県土整備部土木技術職員及び農林水産部農業土木技術職員とし、90名の参加でした。特に農林水産部から30名の参加は最多となっています。

 第一日目はあいにく台風18号の直撃を受け、緊急対応の待機などがあり欠席者も多い状況でありました。それでも60名ほどが参加して熱心に講義を受けていました。

2014-10-06001
         挨拶される鵜山技術管理課長

 講習に先立ち県土整備部技術管理課の鵜山課長が挨拶に立ち、技術力向上に向けた受講と研鑽を今後の業務に役立てて欲しい、また、この集中講義の意義について話され、その後講義に入りました。


 二日間の研修内容は次の通りです。

 
【一日目】

 午前 「地質調査の基礎知識」
         一般社団法人 千葉県地質調査業協会
 
  1) 千葉県の地形地質
  2) 机上からの地形地質の推定と活用(以上中村担当)
  3) 土の名称と粒度組成
  4) 盛土の基礎知識
  5) 検討項目と必要な地盤情報
  6) 調査項目と調査手法
  7) N値から諸定数を推定する
  8) モデル調査事例による調査の計画(以上熱田担当)

2014-10-06005


 午後 「設計の基礎知識及び留意点について」
          一般社団法人 建設コンサルタンツ協会
                     (石井氏、久保氏、平田氏)
 
【二日目】

 午前 「会計検査の指摘事項例から学ぶ設計不適切・施工不良の改善策」
      一般財団法人経済調査会(市川氏)
      

 午後 「施工計画・現場管理の留意点」
   一般社団法人 千葉県建設業協会(板橋氏、渡辺氏)


 以上のように中身の濃い研修でしたが、県職の若手が熱心に聴講する姿が印象的でした。
 
 将来を担う若手技術者の勉強風景を新聞社も熱心に取材していました。なお、こういう機会をいただき、鵜山技術管理課長始め関係各位に協会として御礼を申し上げます。

   2014.10.06(月)一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

     <千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 09:16ぁヽ萋 

2014年10月20日

平成26年度 独占禁止法遵守等研修会 報告

五団体
平成26年度 独占禁止法遵守等研修会 報告

 先の平成26年10月7日(火)午後からオークラ千葉ホテルにおいて表記の独占禁止法遵守等研修会が開催されました。
本研修会は千葉県建設関連業五団体交流会が毎年開催されているもので、独禁法遵守と各種の勉強を行うものです。
 本年度は千葉県県土整備部宮内災害・建設業担当部長にご講演をお願いしています。

 地質協会田野副会長の司会により、まず、主催者代表として一般社団法人千葉県地質調査業協会の多田会長が挨拶に立ち、研修会の意義等の説明がありました。その後、主催五団体の紹介があり、講演に移りました。

2014-10-07002
   司会・田野副会長


2014-10-07003
    多田会長



主催五団体の出席者は次の通りです。

・公益社団法人千葉県測量設計業協会  古里弘副会長
・一般社団法人千葉県建設コンサルタント業協会 富田晃弘会長
・千葉県補償コンサルタント協議会  横内研会長
・一般社団法人千葉県地質調査業協会  多田勝則会長(平成26年度幹事協会)
・千葉県測量設計補償協同組合  景山喜一理事長


 講演は二部形式となっており、次の通りです。

第一部 「独占禁止法の遵守について」
講師 公益財団法人 建設業適正取引推進機構
       相談指導部部長 庄司 芳次 様

2014-10-07013
  庄司部長


第二部 「千葉県における社会資本整備の現状について」
  社会資本整備予算の現状
  千葉県の社会資本整備の目指す方向
  社会資本整備の推進に向けた新たな動き
講師 千葉県県土整備部
      災害・建設業担当部長 宮内 常吉 様

2014-10-07018
  宮内担当部長


2014-10-07023


 宮内部長のご講演は内容が豊富で深く、また多岐にわたるため所要の80分では足りないほどでありました。
 しかし、万雷の拍手がご講演内容を示すものであります。

台風18号、議会とお忙しい中、貴重なお時間を割いていただきました。この場をお借りして、幹事協会として御礼を申し上げます。

         2014.10.07(火)一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

   <千葉県地質調査業協会 トップへ> 



chisitsu at 09:36ぁヽ萋 

2014年10月10日

千葉県立君津青葉高等学校・地質調査出前講座

千葉県立君津青葉高等学校
地質調査出前講座 報告

先の平成26年9月30日(火)午後から君津青葉高校土木系列棟2階において地質調査講習会が開催されました。本講座は平成22年(2010)から毎年実施しており、今回で5回目となります。本年の土木工学系列2年生は9名です。

本講座の目的は『 一般社団法人千葉県地質調査業協会のご協力を得て、千葉県の地質やボーリング調査・標準貫入試験等の現場における技術的分野の講義を受講することにより、地質への理解や土木構造設計及び土木施工等への興味・関心を高めるとともに専門的知識・技術を身につける。』というものです。
講習に先立ち開校式を行い、川上利夫校長のごあいさつ、並びに一般社団法人千葉県地質調査業協会・多田会長の挨拶がありました。

2014-09-30002


2014-09-30003
                             川上校長先生


開校式の後、講習に入り次のような内容で講義がありました。

1. 千葉県の地形地質(中村担当)
2. 久留里の名水(中村担当)
3. 地質調査の役割と調査方法(熱田担当)

2014-09-30008


2014-09-30007
                          熱田講師

 生徒さん達は熱心にメモをとりながら学んでいるのが印象的でありました。なお、閉校式では生徒代表のお礼の挨拶などもあり終了しましたが、本講座には新聞2社も取材に訪れ、熱気のあるものでした。土木系列の生徒さんが毎年入学され、実際の建設関連業に就職されることもあり、君津青葉高校の教育及びご努力に敬意を表したいと存じます。

こういう場をご提供いただき、協会として感謝を申し上げます。

2014.09.30(火)一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

  <千葉県地質調査業協会 トップへ> 

 



chisitsu at 14:25ぁヽ萋 

2014年09月25日

魚道

房総半島の養老川です。
堰止めしているとき、魚道は大切な施設です。

2014-09-10012


  関連記事がこちらにあります

  <千葉県地質調査業協会 トップへ>  


chisitsu at 12:12ァ,知らせ 

2014年09月08日

海岸浸食

海岸浸食・・・日本全国で起こっています。

千葉県の例を示します。

05 117

 安定と不安定(8) 陸地が消える(海岸浸食-1) no.424

   <千葉県地質調査業協会 トップへ>  


chisitsu at 11:28ァ,知らせ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ