2009年08月31日

地質調査現場講習会 報告

平成21828日、山武地域整備センター主催、千葉県地質調査業協会協力による地質調査の現場講習会が開催されました。

 

石井正一山武地域整備センター所長始め、東金市、山武市、大網白里町、山武地域整備センター、山武農林振興センターから総勢19名の参加でした。一方、千葉県地質調査業協会の方は技術者等が12名参加、約二時間の実地研修を行ったものです。

 

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 

 

    



 

講習の実施内容は、護岸堤防の地質を調査する目的でスウェーデン式サウンディングの試験方法を実地に研修したものです。

調査結果は整理して堤防の地質資料として活用予定です。

 

 

 

当日は、猛暑・日照りの中、石井所長のごあいさつ、熱田千葉県地質調査業協会会長の試験方法解説、東金市宇津木河川係長の北幸谷川管理の経緯説明が行われ、二班に分けた実地研修が始まりました。

 

現場実習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場実習2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場実習3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の特徴は、石井所長始め全員がサウンディング試験の実体験をし、この試験方法の長所・短所、特徴などを大汗の中で研修したものです。

 

現場実習4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場実習5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場実習6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場実習7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短い時間でした(2時間)が大汗に見合う、内容の濃いものでした。

 

              2009/08/28() 千葉県地質調査業協会・技術委員会(中村)

 

   <千葉県地質調査業協会 トップへ>

 



chisitsu at 11:55ぁヽ萋 | ァ,知らせ 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ