2016年08月

2016年08月08日

平成28年度 県土整備部との意見交換会 報告

平成28年度 県土整備部との意見交換会 報告
2016/07/26(火) 一般社団法人千葉県地質調査業協会

先の平成28年7月26日(火)、ホテルプラザ菜の花において千葉県県土整備部幹部の方々と一般社団法人千葉県地質調査業協会の代表者との意見交換会が開催されました。
本意見交換会は委託業務(地質調査など)遂行における諸問題や課題を話し合い、スムーズな事業運営を可能とすることを目的として毎年開催されているものです。
意見交換に先立ち、県土整備部建設・不動産業課の田中副課長より県土整備部ご出席者の紹介があり、続いて一般社団法人千葉県地質調査業協会出席の会社代表者の紹介がなされました。
その後、協会の多田会長から挨拶があり、県土整備部を代表して建設・不動産業課清水課長よりごあいさつをいただきました。

2016-07-26015

 

2016-07-26014
千葉県県土整備部建設・不動産業課 清水課長のごあいさつ

次ぎに、一般社団法人千葉県地質調査業協会中村技術委員長より一般社団法人千葉県地質調査業協会の平成27年度一年間の活動紹介がありました。
 

建設センター

 平成27年度千葉県建設技術センターの活動事例


さらに、県土整備部の「平成28年度主要施策概要」について県土整備政策課の長島副課長より詳細な説明、解説がありました。

2016-07-26018

県土整備政策課長島副課長

 


以上の後、意見交換の場へと移り、一般社団法人千葉県地質調査業協会からの意見交換項目と要望事項に対して項目別に県土整備部からのご回答をいただく形で議論が始まりました。
主な議題は\澤彑兒擦砲弔い董↓解析等調査業務について、要望事項はH注時期の平準化、と注に係わる協議について、でした。
それぞれの議題について、技術管理課神作課長、山口副課長、君津土木事務所木村所長、最後に総括として千葉土木事務所小谷所長にお話しをいただき意見交換会を終了いたしました。予定時間をオーバーする熱気にあふれる意見交換となりました。


2016-07-19062
県土整備部技術管理課神作課長

 

2016-07-19065
君津土木事務所木村所長

 

2016-07-19018
最後総括の千葉土木事務所小谷所長

 

2016-07-26004
県土整備部のご出席者(技術管理課、建設・不動産業課、出先事務所所長など)


県土整備部のご出席者は次の通りでありました。

技術管理課神作秀雄課長、建設・不動産業課清水生也課長、千葉土木事務所小谷竜一所長、葛南土木事務所渡邉浩太郎所長、東葛飾土木事務所佐藤政弘所長、柏土木事務所町田英之所長、印旛土木事務所相澤忠利所長、成田土木事務所戸村勝男次長、香取土木事務所水垣浩所長、銚子土木事務所御園直樹所長、海匝土木事務所五十嵐隆夫所長、山武土木事務所平野秀明所長、長生土木事務所元吉博保所長、夷隅土木事務所秋葉利信所長、安房土木事務所吉田良治所長、君津土木事務所木村滋所長、市原土木事務所増田光一所長、千葉港湾事務所堀越宏喜次長、葛南港湾事務所山本篤所長、木更津港湾事務所佐藤信孝所長、北千葉道路建設事務所秋山文男所長、流山区画整理事務所飯高貞男所長、柏区画整理事務所岩岡良所長、木更津区画整理事務所竹村圭介次長、印旛沼下水道事務所高橋博所長、手賀沼下水道事務所角田政一所長、江戸川下水道事務所高橋伸生所長、技術管理課山口浩副課長、県土整備政策課長島博之副課長、建設・不動産業課田中賢一副課長、建設・不動産業課根本成雄主査 以上、31名。

また、一般社団法人千葉県地質調査業協会の参加者は会員の代表者23名でありました。

なお、業務多忙の折、千葉県県土整備部幹部の方々に貴重なお時間を割いていただき、この場を借りまして厚く御礼を申し上げます。意見交換の中身につきましては会員各社の社内に持ち帰り、技術研鑽、業務改善に生かしたい所存であります。今後とも、ご配慮をお願い申し上げ、意見交換の御礼を申し上げます。


平成28年7月26日(火)
一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

  <千葉県地質調査業協会 トップへ>

 

続きを読む

chisitsu at 11:22ぁヽ萋 

平成28年度 地質調査研修(地質調査の方法と計画)報告

平成28年度 地質調査研修(地質調査の方法と計画)報告

先の平成28年7月6日、7日 及び7月20日、21日の二回にわたり千葉県建設技術センター主催による二日間コースの地質調査研修が行われました。毎年一日コースでしたが、本年から試行的に二日間を採用したものです。本研修は人気コースで例年参加できない人が多数出ることが続いていました。本年は千葉県、市町村などの若手技術者70名の二回、140名の参加でありました。
研修一日目、島原企画指導課長の司会により始まり、千葉県建設技術センターを代表して鵜山理事長が地質調査の役割やこうした研修の意義について述べられ、主催者として挨拶をされました。

6006

 

6001
        司会の島原企画指導課長

 

6003
ごあいさつの鵜山理事長

 


その後、研修に入り、次のような内容でありました。

 

第一日目 午前中
 1.千葉県の地形・地質
 2.机上からの地形・地質の推定と活用
 3.地質調査の基礎

6009
一般社団法人千葉県地質調査業協会中村技術委員長

 

第一日目 午後
 4.土質定数の求め方
  4-1 地層想定断面図例
  4-2 一般的な設計に必要な土質定数
   4-2-1 土質試験から土質定数を求める
   4-2-2 N値から土質定数を推定する

6016
一般社団法人千葉県地質調査業協会熱田相談役

第二日目 午前中
 5.モデル調査事例による調査の計画
  5-1 調査目的・土質に応じた一般的な調査方法
   (1)構造物基礎に対する調査計画
   (2)掘削施工に対する調査計画
   (3)盛土施工に対する調査計画
  5-2 地盤調査の計画例
   (1)構造物基礎に対する調査計画例
   (2)掘削施工に対する調査計画例
   (3)盛土施工に対する調査計画例
  以上、高橋技術副委員長

6023

一般社団法人千葉県地質調査業協会盒教蚕冑委員長

 

二日目 午後
 6.地質調査業務の一般的な構成
  地質調査業務の積算構成及び積算項目に見る現場・室内業務の内容
   以上、熱田相談役

 7.N値及びC、φ等を用いた計算・検討例
  7-1 N値による許容支持力度qaの目安
  7-2 スウェーデン式サウンディングの結果を用いた宅盤のqa
  7-3 粘着力Cと限界盛土高さの目安
  7-4 軟弱地盤上に盛土載荷したときの沈下量
   以上、熱田相談役
  7-5 円弧すべり計算例
  7-6 矢板の根入れ長計算例
  7-7 擁壁の安定について
   以上、中村技術委員長


二日間にわたる長時間の研修後、受講者には理解度確認テスト、アンケートが課されて研修終了となりました。酷暑の中、熱心な受講者が多いのが印象的でありました。
この場をお借りし、こういう機会をいただき鵜山理事長、島原課長、盒局主幹はじめ関係各位様に改めて御礼を申し上げます。   
2016.7.25一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

<千葉県地質調査業協会 トップへ> 


 

続きを読む

chisitsu at 11:02ぁヽ萋 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ