2016年01月28日

平成27年度防災関係建設技術研修会 報告

平成27年度防災関係建設技術研修会 報告

 先の平成28年1月19日(火)14:00からホテルプラザ菜の花3階大会議室において表記の技術研修会が開催されました。千葉県河川協会、千葉県道路協会、全国治水砂防協会千葉県支部、NPO防災千葉の4団体の共催ということで190名の参加、広い会場が満員となりました。

19013


 NPO防災千葉の渡邉企画部長の司会により研修会は始まり、同法人の市川理事長が開会のあいさつをされました。
 
  次ぎに来賓として千葉県県土整備部災害・建設業担当部長の滝浪氏があいさつに立ち、千葉県県土整備部を代表し、防災に対する関係機関や関係者の協力への謝意と今後の対策、また方向性など、さらなる努力を約束されていました。

19017
        滝浪千葉県県土整備部災害・建設業担当部長


 講演に入る前に、中橋河川環境課長の司会で「災害復旧及び災害防止事業功労者」として大湊漁港課長、櫻井道路環境課長の紹介、さらには「災害復旧技術専門家」として鶴岡氏、宝地氏が紹介され、それぞれあいさつをして万雷の拍手を受けていました。


 次ぎに技術研修会に入り、次のような講演内容でありました。

1.「インフラの長寿命化について」
 一般社団法人 日本構造物維持再生技術振興支援機構
   平松理事、佐藤理事
 
 公共インフラの現状や問題点の解説から始まり、具体的な保全工法や新しい技術の紹介など多岐にわたる講演内容でありました。


2.「砂防関係施設の点検について」
 国土交通省 水管理・国土保全局 砂防部保全課
    前田課長補佐
 
 全国の土砂災害発生状況の解説に始まり、具体的な砂防設備の整備状況、さらには劣化・損傷の実態など幅広い講演内容でありました。また、砂防関係施設の長寿命化計画ガイドライン(平成26年6月)、砂防関係施設点検要領案(平成26年9月)などの基本的な考え方や国土交通省内部での議論など今後の方向性に到る講演でした。


3.「災害査定の留意点について」
 財務省 関東財務局 理財部主計第一課
  金井上席主計実地監査官
 
 具体的な事例とわかりやすい講演内容は立会官の立場からのもので、災害査定を受験する技術者には大いに役に立つ内容でありました。


 以上、内容の濃い技術研修会となりました。関係各位のご努力に敬意を表したいと存じます。
 
            2016.01.19(火)一般社団法人千葉県地質調査業協会(中村)

    <千葉県地質調査業協会 トップへ>



chisitsu at 09:05 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ